2010年01月18日

<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)

 長崎・五島列島沖で行方不明となった底引き網漁船「第2山田丸」(113トン)について、第7管区海上保安本部(北九州市)などによる捜索は15日も引き続き実施されているが、新たな手がかりは見つかっていない。一方、行方不明者の家族から出ている船体引き揚げの要望について、関係者からは「実現にはかなりの費用がかかるのでは」と困難視する見方も出ている。

 昨年4月に同県平戸市沖で沈没した巻き網漁船「第11大栄丸」(135トン)が、5カ月後の9月に海底から引き揚げられた際の費用は約3億円。費用は、船主が加入していた船主責任保険と、船体を捜索後に漁礁化する国の補助事業を活用してねん出した。

 14日に現場付近の海底で確認された船影が第2山田丸だった場合、水深は約150メートル。水深約80メートルだった第11大栄丸の2倍近い深さとなる。さらに、東シナ海は冬季に荒天が多いため、作業は難航も予想される。

 大栄丸を引き揚げた「深田サルベージ建設」(本社・大阪市)の担当者は引き揚げの可能性について「調査しないと分からないが、潜水士は150メートルの深さまで潜れず、潜水艇で調査するしかない。費用も3億円より高くなる可能性はある」と語った。

 一方、第2山田丸の捜索態勢は、長崎海上保安部の巡視船4隻と航空機2機▽水産庁の漁業取締船5隻▽山田水産の漁業船10隻▽海上自衛隊航空機2機−−に加え、長崎県が取締船を1隻増やして3隻とした。【錦織祐一、蒲原明佳】

【関連ニュース】
【事故の概要】漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ
【写真で見る】漁船捜索の模様 回収された救命いかだの写真も
【長崎漁船不明】最後の無線連絡は「波をかぶった」…第2山田丸
【長崎漁船不明】現場周辺の海底に船影 7管も確認急ぐ
【長崎漁船不明】「無事でいて」祈る関係者ら 海保、対応に追われる /長崎

<オーストリア大宮殿展>入場者が20万人突破(毎日新聞)
<鳩山首相>台湾総統から親書 経済交流拡大を(毎日新聞)
フグの白子、少しは身近に? =低温飼育で8割をオスに−近畿大(時事通信)
<陸山会土地取引>家宅捜索 ものものしい雰囲気の議員会館(毎日新聞)
捜索で議員会館から段ボール40箱=鹿島本社、小沢氏事務所も−東京地検(時事通信)
posted by yufqeowrxb at 20:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

基地検討委で県外視察も=「沖縄県民の思い感じた」−官房長官(時事通信)

 沖縄県を訪問した平野博文官房長官は10日午後、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題をめぐり、自身が委員長を務める政府・与党の沖縄基地問題検討委員会で県外の移設候補地も検討し、視察する考えがあることを明らかにした。
 平野長官は移設先について「ゼロベースで見ていくので、違う場所を視察する可能性は当然ある」と言明した。仲井真弘多同県知事が9日の会談で、県外移設を求めたことに関しては「県民の思いがその言葉に表れていると感じた」と語った。 

【関連ニュース】
普天間、辺野古を視察=危険性除去に決意
安保条約改定50年で声明発表へ=小沢幹事長の訪米要請
官房長官、5月結論を伝達=沖縄知事は県外要求
「政治とカネ」で攻防へ=自民、小沢氏にも照準
社民政審会長、12日から訪米

<申告漏れ>消費税2700万円 国税局が指摘(毎日新聞)
取り調べ可視化導入、法相「一層力入れる」(読売新聞)
「沖縄県民の感情が大事」=米下院議員が社民・福島党首に(時事通信)
<偲ぶ会>四手井綱英さん=2月14日午後2時、京大会館(毎日新聞)
地方からの発信が魅力 富良野塾OB久保隆徳さん「人の温度が感じられる」(産経新聞)
posted by yufqeowrxb at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)

 鈴木寛文部科学副大臣は14日の定例会見で、公立小中学校1学級当たりの児童生徒数の上限を40人としてきた現行の国の学級編成標準について、平成23年度以降引き下げて少人数学級化を促す考えを示した。

 文科省によると、標準の見直しは昭和55年度に45人から40人に減らして以来、約30年ぶり。

 授業数や指導内容が増加する新学習指導要領の実施に向けて、教職員定数の在り方も抜本的に見直すことにした。

 鈴木副大臣は「教育現場は複雑な問題を抱えており、きめ細やかな少人数指導が必要だ。有識者や現場の意見を聞き、今年夏までに一定の結論を得たい」と語った。

 ただ、現行でも学級編成標準を都道府県が独自に設定することは可能。同省のまとめでは、東京都を除く46道府県では40人を下回る編成を既に実施している学校もある。

 学級編成標準については法律で定められており、今後の法改正などの手続きについて、鈴木副大臣は「議論が成熟して基準を変えることになれば、今の法律は複雑な書き方なので何らかの形でいじらねばならない」と述べた。

【関連記事】
進路指導教諭が選ぶ「面倒見のいい大学」 細やか指導、小規模校に強み
【主張】教育予算調査 ダメ教師が増えては困る
教員採用「広き門」で負の連鎖 競争率半減、質の低下も
竹島と高校解説書 固有の領土となぜ教えぬ
【私も言いたい】6年制教員養成 「免許更新制、継続すべき」7割

<西松建設違法献金>裁判で窓口役の部長が実態などを証言(毎日新聞)
小沢幹事長に「辞職しろ」、若い男詰め寄り拘束(読売新聞)
「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
NHK交響楽団 正指揮者に尾高忠明さんが就任(毎日新聞)
<ソネット>ネット利用料金で取りすぎミス(毎日新聞)
posted by yufqeowrxb at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。